先頭に戻る

金融商品仲介業に関する表示

金融商品仲介業者の商号:有限会社ワンズプロジェクト
登録番号:中国財務局長(金仲)第11号
所属金融商品取引業者:PWM日本証券株式会社
登録番号:関東財務局長(金商)第50号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
所属金融商品取引業者:楽天証券株式会社
登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

■代理権等に関する表示

  • 弊社は、所属金融商品取引業者等の代理権を有しておりません。
  • 弊社は、いかなる名目によるかを問わず、その行う金融商品仲介業に関して、お客様から金銭もしくは有価証券の預託を受けることはありません。
  • 弊社が委託を受けている所属金融商品取引業者等は、以下に掲げるとおりです。 お客様が行おうとする取引につき、お客様が支払う金額又は手数料等は、お取引なさる所属金融商品取引業者等により異なる場合があります。
  • お客様の取引の相手方となる所属金融商品取引業者については、個別の取引毎にご説明いたします。

■手数料について

金融商品等へのご投資には、商品ごとに所定の手数料等ご負担いただく場合があります。 また手数料等は、お客様の取引相手方となる所属金融商品取引業者ごとに異なりますので商品や取引をご案内する際にお知らせいたします。

■リスクについて

金融商品等には、株式相場、金利相場、為替相場、商品相場等の価格の変動等及び有価証券の発行会社の信用状況の悪化等の起因による損失(元本欠損)が生じる恐れがあります。

※商品ごとに手数料、リスク等が異なりますので当該商品の契約締結前交付書面、目論見書や商品説明資料等をよくお読みいただきご確認ください。

トップページ ≫ サービス概要

サービス概要

金融のコーディネーターが、ムダ・ムラ・ムリを改善し、所得(収入)確保のサポートを行います。ワンズプロジェクトは、保険やローンへのムダな支出をなくし(ムダ)社会保障・企業保障・個人の金融のトータルコーディネート(ムラ・ムリ)を行い、将来の所得確保のために、危機管理・資産管理をお客様と行っていきます。

サービスメニュー

  • 家計相談
  • 資産形成・資産管理 (金融商品仲介業)
  • 我が家の保障セレクト(保険提案・見直し)

【家計相談】

長生き、万が一、寝たきりに備えた将来設計(ライフプランニング)を行い、毎年、我が家が目印の方向に進めているのか、環境の変化や家族構成の変化を確認し、変化に応じた家計管理ができているかどうか「家計決算」を行っていきます。
一度の相談、数時間の相談では、本当の相談はできないと考えます。年会費制で時間を気にせずしっかり相談が可能です。

初年度契約

□個   人 (年間手取り所得× 2%~) +16,000円 ※税別
□個人事業主 (年間人件費× 2%~) +16,000円 ※税別

次年度契約

□個   人 (年間手取り所得× 1%~)※税別
□個人事業主 (年間人件費× 1%~)※税別

※相談料金計算の下限を設定しております。 手取所得500万円未満の場合は500万円として計算されます。

※別途割引制度につきましてはご確認ください。

【返金制度について】

相談料以上の効果を感じられないお客様には、初年度相談のみ相談料の返金をさせていただきます。
相談料以上の効果、そして金額だけで量れない心への効果を実感していただけるという自信はありますが、もしその効果を感じられない場合にはお申し出ください。
返金サービスは、プロとしての責任です。

【体験相談】

1時間の体験相談も実施しております。
現状の不安や将来の心配ごとなどお話しいただき、私たちがお力になれることをお話しさせていただきます。

【資産形成・資産管理 (継続的な資産形成サポート)】

【ポートフォリオ診断】で現在保有の資産の内容について確認しましょう

  • 今の商品を保有していることで我が家の資産形成に合っているのかわからない
  • 自分で選んでみたけれど、管理の仕方が分からない
  • 資産形成を始めたいけど、どうしたら良いか分からない


投資信託を購入したけれど、我が家に合っているのかが良くわからない、色々書類は届くけれど、見方も良くわからなくて、現状がどうなっているのかわからないという方が多いのが現実

ワンズプロジェクトでは、我が家の生活設計を基本に

  • 現在保有の商品のバランスを確認し、
  • 将来の所得確保の目標に合わせて、


我が家の資産バランスを確認し、我が家に合った商品選択を行うことで、所得づくりへの第一歩が始まります。

PWM Japan Securities 楽天証券

【我が家の保障セレクト(保険提案・見直し)】

  • どこの保険に入っているのか自分でも良くわからない
  • 保険に入っていることはわかっているけど補償内容が良くわからない
  • インターネットで保険に入ったけれど、本当にこれで大丈夫?

保険って契約したけど使う頻度が少ない上に、形がないので良くわからない。
でもなんとなく必要な気がしてと、無関心にお金だけが保険会社に支払われている状態という方が多いのが現実

ワンズプロジェクトでは保障≠保険を基本に

  • 現在加入の保険を確認し、
  • 保障内容をお客様のライフプランに合わせて必要な保障を考えます。

まずは保険のムダやムラを省きムリを無くすことから我が家にあった保障づくりのへの第一歩が始まります。


取扱生命保険会社

SOMPOひまわり生命株式会社
メットライフ生命保険株式会社
ライフネット生命保険株式会社
エヌエヌ生命保険株式会社


取扱損害保険会社

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
セコム損害保険株式会社
共栄火災海上保険株式会社
日立キャピタル損害保険株式会社
三井住友海上火災保険株式会社

【リスクマップによる継続的な危機管理】

我が家に必要な保障は、「収入の保証」「損失の補填」「損害の賠償」という、3つの視点から分類することができます。
これらに我が家のリスクと国・企業・個人の準備を当てはめることでムダ・ムラ・ムリは省くことができます。
また、10年後は今と同じ保障が本当に必要でしょうか。我が家の保障も変化をします。
だからこそ変化に対応した危機管理が必要なのです。